ショッピング枠の現金化は違法

クレジットカードには、商品を購入して後払いする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があります。ショッピング枠現金化というのは、本来ならば後から払うクレジットカードのショッピングの利用可能枠を現金に換金することをいいます。看板や広告で宣伝している業者もあり、見かけたことがある人もいるかもしれません。しかし、ショッピング枠現金化というのは違法行為であり犯罪です。
例えば、すぐに現金30万円が欲しいが手元に無いとします。悪質な業者が何か商品を40万円で販売し、その内の30万円を現金でキャッシュバックするとします。この交渉が成立すれば、すぐに現金30万円は手に入ります。しかし、翌月のクレジットカードの支払い明細で40万円を請求されてしまいます。結果的に10万円余分に払ってしまうことになり、自分の債務が増えるだけなのです。しかもその10万円は業者にいってしまうのです。
さらにショッピング枠現金化をしたことにより、クレジットカードの番号や個人情報等が悪用されることもあります。また、このような換金目的でクレジットカードを利用すれば、利用した本人も詐欺や横領といった犯罪に該当し、罪に問われる可能性もあります。

http://www.credit-try.com/
このような被害者や加害者を出さない為にも、クレジット会社ではショッピング枠現金化を禁止しています。また、消費者庁でもショッピング枠現金化は違法行為だと呼びかけが行われています。決して行わないようにしましょう。